【最強トレーナーss】デタラメと創造と破滅の英雄譚.『.破滅の時を超えて』

【編集】 1 : 名無し 21/01/18 09:46:54 ID:zx47eTYE [1/6] m 通報
エリートトレーナー「あ、あのポケモンは…!!」

見たことの無いポケモン、図鑑に反応すら無い。
それは狼の様で、全く違うオーラを放っていた。

「グルルル……」

???「ようやく見つけ出したぞ…フェンリル…!!」

エリートトレーナー「フェ、フェンリル!?なんだそれは…お前は知ってるのか!?カイト!」

カイト「あぁ、この10年間俺はフェンリルだけを探し求めて来た…歴史から抹消された神のポケモンそのもの…」

フェンリル「ウルフーラ!!」グォォォォ

エリートトレーナー「聞いたことが無い…!!なんなんだそのポケモンは…」

カイト「知らないのも無理は無い、余りにも桁違い過ぎる本物の神の獣…あらゆる文献からその存在は消されている。」

エリートトレーナー「くっ…!!俺も手伝う、行けバンギラス!!」

バンギラス「ラギギラァッス!!」ズシィン…

カイト「無茶だ、辞めておけ。ここは俺がどうにかする」

エリートトレーナー「カイト!?ポケモンも出さずに…危険だ!!」

カイト「フェンリルにポケモンの攻撃は通用しない!!俺のオノノクスじゃ傷一つ負わせられないだろう」

エリートトレーナー「お前程のトレーナーが…!?」

カイト「…行くぞ、長老から頂いたこのボールなら…」キラン

フェンリル「ウルフーラ!!!」
スポンサーリンク
【編集】 2 : 名無しさん 21/01/18 09:58:16 ID:rjtCP2EA m 通報
一度 カイトの看板を掲げたからには完結させろよ
【編集】 3 : 名無し 21/01/18 11:09:25 ID:zx47eTYE [2/6] m 通報
エリートトレーナー「それは…?」

カイト「GSボール、長老に渡されていた唯一神と等しき者を"そのまま"の力で捕獲出来るボールだ」

カイト「だがこのボールは"使用者"を選ぶ。選ばれなかった者はこのボールを用いて捕獲する事、開く事が出来ない」

エリートトレーナー「お前なら…扱えるって訳か」

カイト「あぁ、扱った事は無いがやれるだけやってやる、ようやく見つけたんだ、フェンリルを…!!」

フェンリル「ウルフーラ!!!!」

カイト「行くぞフェンリル!!」

カイトの投げたGSボールがフェンリルに命中するァ!
それは破滅の幕開けか、創造の始まりか。

【編集】 4 : 名無し 21/01/18 11:54:55 ID:zx47eTYE [3/6] m 通報
カチッ…

カイト「……よし…よしっっ!!!」

エリートトレーナー「凄い…まさか本当に捕まえるなんて…」

カイト「ありがとう、エリト。お前の協力もあってここまで辿り着いたからな…」

エリートトレーナー「いや、お前の努力の結果だよカイト…"最優のトレーナー"。」

カイト「その名前はやめろ、むず痒い」

エリートトレーナー「そうだ、フェンリルを見せてくれよ。俺も神のポケモンの姿をよく見たいんだ」

カイト「そうだな…来い、フェンリル!!」ポン

フェンリル「わふ」ハッハッハッハッ…

エリートトレーナー「…………」

カイト「フェンリル、やはり威厳ある姿だな」

エリートトレーナー「なんか可愛くなってないか…?」

カイト「気のせいだろ、神そのもののフェンリルだぞ?」

フェンリル「わっふ」ワンワン

カイト「やれ、バーニングノヴァ!!」

フェンリル「わふ」ゴォォォォ…

一瞬で草原は焦土と化した…

カイト「ほらな」

エリートトレーナー「凄いな…やっぱりなんか可愛くなってるけど…」

フェンリル「わふ」ホメテー


この後、カイトはあらゆる大会で名を馳せていく…
これがカイト伝説の始まりであり、フェンリルと言うポケモンが歴史の闇から舞い戻るプロローグ…
【編集】 5 : 名無しさん 21/01/18 11:58:29 ID:YB91V5KQ 通報
【編集】 6 : 名無し 21/01/18 15:11:07 ID:zx47eTYE [4/6] m 通報
2年後…

余りの強さにカイトに挑む者は居なくなり、神たる存在であるフェンリルは知らぬ者は居ないポケモンとして人々に知れ渡っていた。

カイト「これではポケモンマスターと言う夢も潰えてしまうな」

フェンリル「わふわふ」

カイトはトレーナー達の低レベルなバトルに飽きていた。
金色の神を従えた後、彼に敵うトレーナーは誰一人居なくなった。
だがカイトは唯一、"ポケモンマスター"に期待をしていた。

自分を倒せるとは思っていない、"フェンリル"はポケモンを超越した存在だからだ。
だが、少しくらいは楽しめる、そう思うしか無かった。

カイト「最強の果て…虚しい物だな」

フェンリル「わふー」

「おやおや、君がカイト君かい?」

長身の男がカイトに詰め寄る。

カイト「誰だアンタ」

「おや、自己紹介が遅れたね……僕はマーリン・アポカリプス」

マーリン「企………世界を良くしようと考えるしがない社長だよ」

カイト「俺に何の様だ?」

マーリン「君の戦い振りは凄まじい物だ、まさしく神がかかっている…」

マーリン「だがその戦いも君を避けるトレーナーが増えれば見れなくなってしまう」

マーリン「僕はさ、悲しいんだ。君みたいな才能を持ったトレーナーが消えていくのは」

カイト「要件を言え」

マーリン「君にポケモンマスターとの戦いの場を設けてあげよう」

カイト「…ポケモンマスターと?」

マーリン「あぁ、素晴らしいだろう?人類最強のトレーナーとポケモンマスターの戦い…実にそそられる」

カイト「お前に何の利益がある?」

マーリン「おやおや、話が早いね…君の戦闘データを取らせて貰いたい」

カイト「何に使うんだ?」

マーリン「そこは企業秘密さ、君の強さの秘訣と同じく…ね?」

カイト「……いいだろう、その話乗ってやる」

フェンリル「わふ」

マーリン「ふふ、ありがとうカイト君。それではまずは小規模な大会を用意しよう…まずはどの程度なのか僕に見せてもらわなきゃ行けないからね」


【編集】 7 : カイト記事作成者◆Lox82rkmI2 21/01/18 15:13:14 ID:N7.9wrkU m 通報
マーガリンって誰だよ…
【編集】 8 : アナザー炭治郎◆DF1rKrj2Do 21/01/18 15:40:29 ID:.CWxamo. 通報
【編集】 9 : 名無し 21/01/18 15:54:30 ID:zx47eTYE [5/6] m 通報
マーリン「これが君の為に用意した大会"バンデッド"だよ」

そこには賞金目当てで参加するゴロツキが多く、違法に改造された戦闘アイテムを持たせたポケモン達がうじゃうじゃと集まっていた

カイト「なんだこれは…同じポケモントレーナーとしてありえないな」

マーリン「そうだね、良くないと思うよ」

マーリン「だから君はここで優勝してその罪を正せばいい、そのついでに君の力も測らせて貰うから一石二鳥だよね」

カイト「…ふん、好きにしろ」

カイト「行くぞフェンリル!!」

フェンリル「わっふ!!」ハッハッハッハッ…


【バンデッド会場】

「ヒヒヒ…あのガキ弱そうだな…」
「このバンザーに挑むとはいい度胸だな?」
「おら!働け穀潰し!」「ぴょえええ…」
「もう動かねぇ…使えねぇポケモンだな!」ガンッ
「賞金が払えねぇならその身体で支払いなぁ!」「やめてっ…!!」


カイト「…地獄だな」ギリィ…

マーリン『この大会はバトルロワイヤルだ、好きにやりたまえカイト君』

カイト「どっから話してんだ」

マーリン『フェンリルは優勝だからね、僕のユクシーを通じてテレパシーを送っている』

フェンリル「わふ」エッヘン

カイト「…話は後だ、ゴミ共を粛清する…」

マーリン『あぁ、応援しているよ』



【編集】 10 : 名無し 21/01/18 16:34:56 ID:zx47eTYE [6/6] m 通報
「ガキ一人、俺だけで十分だ!カメックスやっちまいなぁ!」

カメックス「ガメェッッ!!」ドドドドドド

カイト「違法改造された銃火器を取り付けたポケモン…腐っているな」アキレ…

カイト「フェンリル、テンペストライト」

フェンリル「わーふっ!」ズォゥァ…

瞬く間にカイトの立っていた場所以外の全てが不可視の斬撃で攻撃される。
人間もポケモンも関係なく繰り出される風の刃の前に成すすべもなく命は肉へと姿を変える。


カイト「一撃か」ハァ…

パチパチパチパチ…

マーリン「想像以上だ、君のフェンリルは」

カイト「マーリンか…フェンリルは原初の神だからな」

マーリン「原初の…"神"…ね、ふふ素晴らしい」

マーリン「それじゃあホウエン地方でやってもらいたい事があるんだ」

カイト「…ポケモンマスターと戦えるんじゃ無かったのか?」

マーリン「戦う為には名声が必要だ、今ホウエン地方に多大な被害を齎している"獄土の災厄"...グラードンを鎮めよう」

カイト「別に鎮めるんじゃなくて殺してしまっても良いんだろ?」

マーリン「あぁ、問題ないよ」ニッコリ




(末尾に「#任意の文字列」でトリップが付けられます。)
(パスワード:レス編集時に使用)

【IDを発行(または認証)】


色を付ける⇒>文章 -文章  >を挿入
色を付ける⇒*文章 +文章  *を挿入
0/300
  

書き込み前に、利用規約を確認して下さい。
レス番のリンクをクリックで返信が出来ます。
その他にも色々な機能があるので詳しくは、掲示板の機能を確認して下さい。
荒らしや煽りはスルーして下さい。

文字サイズ設定・投稿設定・NG設定▼(クリックで開閉。動作にはJavaScriptを有効にして下さい。)
    文字サイズ

    自分の投稿を分かりやすくする
    投稿フォームの「履歴ページに記録する」にチェック時、この設定が有効の場合に、投稿した書き込みの名前が黄色く表示されます。(動作には要履歴ID発行
    現在の設定は「有効」です。
      

    NG設定
    各NG設定は、履歴IDを発行することで、PCとiPhoneなど複数端末で共有化することが出来ます。

    ・連鎖NG設定
    NG機能で見えなくなったレスにアンカーが向けられていた場合、そのレスも連鎖して見えなくなります。
    現在の設定は「」です。
      

    ・NGワード設定
    入力した単語を含むレスが見えなくなります。(改行区切りで入力後、「設定する」ボタンをクリック)
    NGされたレス内容は「元レス」をクリックすると確認できます。

    ・NG名前・NGID一括削除(下のボタンをクリックした時点で削除されます。)


    【特殊な指定方法】

    ・「_(アンダーバー)」はAND条件。
    ・[]で文字を囲むと、その中のいずれか1文字と一致。
    ・[]で囲んだ文字を | で区切ると、それぞれをOR条件として動作。
    詳しくは、NGの設定方法を参照。



(連投制限などに引っかかった時用)

スポンサーリンク