【最上/最果:センチュリーズキング 2019】【最高/最善:ユニバース・フェスティバル 2019】

【編集】 1 : 世紀王ウルガモスサン◆0eRcc3kw/U 19/09/12 01:30:22 ID:LEah2Rfs 通報
ソウゴ「おはようおじさん……なんか今日暗いね?どうしたの?」

順一郎「ああソウゴくん、おはよう。なんだか今日は雨でもないのに曇っててね、いや〜困っちゃうよお天気だって予報だったのに洗濯物が乾かなくなっちゃう」アタフタ

ツクヨミ「各地で異常気象になっているらしいわ」

ソウゴ「え?それって……」

ゲイツ「ああ、アナザーライダーだろうな」

ソウゴ「……おじさん、ご飯食べたら俺出かけるね」

順一郎「仮面ライダーのお仕事?ソウゴくんも大変だねえ、栄養のつくものにしておくね」

ゲイツ「……どういうことだ、平成ライダーのアナザーライダーは既に出揃ったはずだ。何が起こっている……?」

ツクヨミ「今回は私も出るわ。いつまでも3人に頼ってたら、私の世界を守れないもの」

ソウゴ「よし、まずは今回のアナザーライダーの居場所を特定しよう。何が目的なのかもね」





───────────────────────────────





ウォズ「常盤ソウゴ……時の王となったその力は新しい時代を創り上げ、今この時から新たなる戦いの幕を開ける」

???「貴方方には、その瞬間を体験して貰いましょう。無論、私たちと共にね」

ウォズ「おや、君は……?」

???「……フッ」

ウォズシズクモ「同じさ。王に仕え、王の為に力を振るう家臣。それが私たちだろう?」





───────────────────────────────





???「ようやくだ……ようやく!僕は僕を追い出したあのクズどもを見返すことができる!」

契太郎「それはどうかな?今度こそ逃がさないぞ、キティ」

キティ「はっ……もう嗅ぎつけて来たんだな、クズ!」

契太郎「お前がこれから行おうとしていることを止めに来た。諦めろ」

キティ「そう言われて素直に退くと思うんじゃない!今回の僕は一味違う、お前の大切なものを奪い、ぶっ潰してやる!」

契太郎「やれるもんならやってみやがれ!このクソ弟子がァ!!」

キティ「吠えるなら今のうちだ……やれ!」

契太郎「へぇ、一体何を出すつもりだ……まさか!?」

キティ「そのまさかだよ、コイツは……!」

???????????「はぁ〜……」

─────ULGAMOTH SUN……!!
スポンサーリンク
【編集】 2 : 世紀王ウルガモスサン◆0eRcc3kw/U 19/09/12 11:03:55 ID:HUS0y3jo m 通報
ソウゴ「さて、朝ご飯も食べたことだし、アナザーライダーの発生源を探ろう」

ツクヨミ「でも、どうやって探すの?もうタイムジャッカーは全員倒したのよ?」

ゲイツ「そもそも、奴らは既に力を失っている。大元のスウォルツはお前が撃破し、アナザーウォッチも残らず破壊した。タイムジャッカーがまたウォッチを作れるとは到底思えん」

ソウゴ「う〜ん、不可解だね」

牛三「それでは、あのくぉーつぁーとやらでは無いのでござるか?」

ゲイツ「牛三、起きて来たのか」

牛三「また怪異が起こっているのでしょう?拙者も助太刀するでござる!」

ソウゴ「ははっ、ありがとう。心強いよ」

牛三「ゲイツ殿の為なら拙者はどんな仕事でも引き受けますぞ〜!!」ウキウキ

ツクヨミ(ねえ、大丈夫なの?これからアナザーライダーとかち合う可能性もあるのよ?)コソコソ

ソウゴ(大丈夫だって〜、牛三って結構強いじゃん。なんならツクヨミが守ってあげればいいし)コソコソ

ウォズ「ところで我が魔王、クォーツァーについては私が知りうる限りの情報を話そうと思うのだが」

ソウゴ「うおっ、ウォズ!?」

ゲイツ「いつからいたんだ!?」

ウォズ「1レス目からずっといたよ」

ウォズ「まあとにかく、現在のクォーツァーはトップの3人を失ったことで事実上機能停止している筈だよ。平成のリセットが不可能となった今、彼らには何の目標も無いしね」

ツクヨミ「クォーツァーですら無いのね、じゃあ本当に一体誰が?」

ソウゴ「……1人だけ、心当たりはあるかな」

ツクヨミ「心当たり?」

ゲイツ「まさかとは思うが、加古川飛流か?」

ウォズ「あり得ない、とは言えないね。彼にもアナザーウォッチを生み出すこと自体は可能だった。まだ我が魔王への復讐を企てていたとすれば、やりかねないだろう」

ウォズ「加古川飛流の元へ急ごう、我が魔王」

ソウゴ「……うん、そうだね」





───────────────────────────────





飛流「ほう、それで俺を訪ねて来たというわけだ」

ゲイツ「やはりまた貴様の仕業か、いつまでしつこく過去を引きずるつもりだ?」

飛流「魔王様のフンごときがよくも威勢良く言えたものだな……!」

ゲイツ「何ィ……!」

ソウゴ「ゲイツ!喧嘩しに来たんじゃないんだよ?」

ツクヨミ「貴方は何か知らないの?今起こっている現象について」

飛流「知らないな……知っていても教えるものか、お前などに」

ウォズ「まだ我が魔王に恨みを抱いているのか、見下げたものだね」 
飛流「……!」ギリィッ...

飛流「そうだ!決まっているだろう!俺は常盤ソウゴを許すつもりはない!貴様ら全員鬱陶しくて敵わん、とっとと帰れ!!」

ソウゴ「ひ、飛流……」

飛流「常盤ソウゴ……貴様はそうして庇ってくれる仲間がいるが、俺はどうだ?」

飛流「暖かい手料理を振る舞ってくれる家族がいるが、俺はどうだ?」

飛流「時の王者になれるほどの力を、あの日受け取ることが出来たが……俺はどうだ?」

ソウゴ「……」

飛流「俺を少しでも想っているのならば帰ってくれ。俺を、これ以上惨めにしないでくれ……」

ソウゴ「飛流……」

飛流「……」バタン ガチャ

ソウゴ「……行こう、みんな。アナザーライダーの行方を突き止めるんだ」
【編集】 3 : 空の支配者 裂空斬◆vTbsXiThxQ 19/09/12 16:48:42 ID:oslyYL1Q m 通報
あ、これoverquartzの後の話なんだ
【編集】 4 : 鉄屑◆alterCqVPI 19/09/12 22:27:32 ID:31XNgXLE 通報
ソウルくん応援しとこ
【編集】 5 : 世紀王ウルガモスサン◆0eRcc3kw/U 19/09/15 00:55:13 ID:EXcXtCYM 通報
ソウゴ「正体不明のアナザーライダー、そもそもアナザーライダーですら無さそうだけど……う〜ん手掛かりになりそうな人たちにはもう聞いちゃったからなぁ……」

ゲイツ「相手が来るのを待つぐらいしか出来なさそうだな。だが後手に回っては被害が出るだけだ、どうする」

ツクヨミ「私の時間停止も対象の視認が必要だから使えそうにないわね。被害者のリストを作ってみたけど、ここから共通点を見つけられるかしら」

ウォズ「いや、恐らく完全なランダムだ。活動周期が一定していないようだし、暴走していると見て間違いはないだろうね」

ソウゴ「よりによって暴走系かぁ……探すのが大変になるね」

順一郎「帰ってきて早々に会議中かい?お茶入れてこようかな」

ウォズ「リプトンを希望するよ」

???????「なら、私にも同じものを貰えないかな?」ガチャッ

ソウゴ「え?もうウォズ一人で何杯も飲んじゃダメだよ……う"ええッ!?」

ゲイツ「全く貴様はレジスタンスの時もそうだが無駄に食い意地が張っていて、少しは自重し……おおわっ!?」

ツクヨミ「クォーツァーだった頃はデブだったんじゃないかしら貴方……ふあっ!?」

ウォズ「……はあ、今度は何ウォズだい?」ヤレヤレ

牛三「おや、ウォズ殿が2人もいますぞ!」

ウォズシズクモ「お邪魔するよ、常盤ソウゴくん」

ソウゴ「えっ、えっ……何ウォズなのこれ」

ゲイツ「また救世主呼ばわりされるんじゃないだろうな」

ツクヨミ「今度は私が姫君って言われるのに2ポンド賭けるわ」

牛三「ウォズ殿も影分身の術を習得していたんでござるねぇ……」

ウォズ「で、君は?」

ウォズシズクモ「申し遅れたね。私はウォズシズクモ、我が世紀王に仕える忠実な臣下さ。以後はお見知り置きを」

ソウゴ「ウォズ……シズクモ?」

ウォズ「変なものを下に付けられたね……」

ゲイツ「ウォズシズクモ、貴様の目的はなんだ?」

ウォズシズクモ「なあに簡単なことさ。我が世紀王の命により、君たちと協力することになった。現在出没しているアナザーライダーの行方と正体を、君たちに教えよう」

ソウゴ「本当!?」

ゲイツ「アナザーライダーについての情報か……」

ウォズ「どうするつもりだい、我が魔王」

ソウゴ「するよするする!事件解決は早めにしておいた方がいいって!」

ゲイツ「待て!こんな奴の戯言を信用するつもりか?第1、白ウォズのようなロクでもない前例があるんだぞ!」

ウォズ「酷いね」

ソウゴ「でもこのままじゃ結局はアナザーライダーを倒すのに時間が掛かっちゃうよ。何かあった時はその時だって」

ゲイツ「……フン、仕方ないか」

ウォズシズクモ「聞き入れて貰えて光栄だよ。では早速情報を伝えよう」

ウォズシズクモ「まず、出没しているアナザーライダーは【アナザーウルガモスサン】。我が世紀王、ウルガモスサンの力によって生まれている」

ゲイツ「お前の主君のアナザーライダーというわけだ」

ソウゴ「変身者は?」

ウォズシズクモ「……我が世紀王が営むアイドル育成事務所・US事務所のメンバー」

ウォズシズクモ「我が世紀王が最も気にかけ、共にいた……」

ウォズシズクモ「六分儀レイカという少女だ」

(末尾に「#任意の文字列」でトリップが付けられます。)
(パスワード:レス編集時に使用)

【IDを発行(または認証)】


色を付ける⇒>文章 -文章  >を挿入
色を付ける⇒*文章 +文章  *を挿入
0/300
  

書き込み前に、利用規約を確認して下さい。
レス番のリンクをクリックで返信が出来ます。
その他にも色々な機能があるので詳しくは、掲示板の機能を確認して下さい。
荒らしや煽りはスルーして下さい。

文字サイズ設定・投稿設定・NG設定▼(クリックで開閉。動作にはJavaScriptを有効にして下さい。)
    文字サイズ

    自分の投稿を分かりやすくする
    投稿フォームの「履歴ページに記録する」にチェック時、この設定が有効の場合に、投稿した書き込みの名前が黄色く表示されます。(動作には要履歴ID発行
    現在の設定は「有効」です。
      

    NG設定
    各NG設定は、履歴IDを発行することで、PCとiPhoneなど複数端末で共有化することが出来ます。

    ・連鎖NG設定
    NG機能で見えなくなったレスにアンカーが向けられていた場合、そのレスも連鎖して見えなくなります。
    現在の設定は「」です。
      

    ・NGワード設定
    入力した単語を含むレスが見えなくなります。(改行区切りで入力後、「設定する」ボタンをクリック)
    NGされたレス内容は「元レス」をクリックすると確認できます。

    ・NG名前・NGID一括削除(下のボタンをクリックした時点で削除されます。)


    【特殊な指定方法】

    ・「_(アンダーバー)」はAND条件。
    ・[]で文字を囲むと、その中のいずれか1文字と一致。
    ・[]で囲んだ文字を | で区切ると、それぞれをOR条件として動作。
    詳しくは、NGの設定方法を参照。



(連投制限などに引っかかった時用)

スポンサーリンク