【続編おりとれss】ありがちな異世界ものに巻き込まれた話2

【編集】 1 : うるさら7◆.cULSfQrEU 19/07/10 07:29:36 ID:qApBtdzY 通報
どっかの鉄の屑からの要望で続編です
うんち→http://www.pokemon-style.com/bbs1/sp/pika/read.cgi?no=35636&l=1-

〜キャラ説明っぽい〜

【スラグ】

このssの自称主人公。特徴が無い。正直こいつ続投させたの後悔してる。


【(o'〜'o)】

変わった種族のヌメラ。割と辛辣。たまにメラという語尾を忘れる。


【色ジラーチ】

人造ポケモンという無駄な設定。性格がはっきりしない。


【サニーゴ】

ションベンビーチにあった卵から取って付けた様に生まれた。語尾にでちをつける。鬱陶しい性格。


【エモンガ】

うんちを主食とする獣。意地っ張りな性格。💩←これ使いたい


【ビブラーバ】

ドラゴタウンで手持ちになった。正直ナックラーとふりゃ可愛いと思うけどコイツはちょっと…
スポンサーリンク
【編集】 152 : うるさら7◆.cULSfQrEU 19/07/07 01:59:39 ID:1idMrsm2 [1/2] m 通報






ビブラーバ「…よし!いくぞ!」


デスガブリアス「ゥグガブァ!!」ブンッ

ガブリアスが高速で接近し、やはり爪を振りかざす。しかしその強力な一撃を硬い殻をもったコモルーが受け止める。

デスガブリアス「グ…!」ギリ

コモルー「…」


コモルーが攻撃を受け止めた隙に、オノンド達が束になってガブリアスを押さえ込む。


デスガブリアス「ググ…!?」


オノンド「よし…!」
ジャランゴ「申し訳ないですがじっとしててもらいますよ…!」
ハクリュー「今だよ!ビブラーバ君!」
ヌメイル「正気に戻すのです!」


ビブラーバ「…よし、オイラならやれる…!」


スラグ「アイツらばっかにいい格好させるか!やるぞ!」

(o'〜'o)「言われなくても分かってるメラ!」





(o'〜'o)「”りゅうのはどう”!」
ビブラーバ「”りゅうのいぶき”!」






カ ッ
【編集】 153 : うるさら7◆.cULSfQrEU 19/07/07 02:19:33 ID:1idMrsm2 [2/2] m 通報





激しい爆風が洞窟内に広がる。ガブリアスはそのドス黒い色をした宝石を落とし、膝をつく。



ガブリアス「ハァ…ハァ…」

オノンド「元に戻った!」

ビブラーバ「ガブリアスさん!」


マジュツ「…フフフ面白い。今回は私の負けでいいですよ」

ビブラーバ「ガブリアスさんをよくもこんな目に…!」

コモルー「そうだよ」(便乗)


マジュツ「その宝石は貴方に差し上げます。では」フッ


(o'〜'o)「消えたメラ…」

スラグ「結局何だったんだろアイツ」




ジャランゴ「いやぁ戻ってよかったぜ…!」

ハクリュー「何よりです!」


ガブリアス「…どうやら俺は自我を失っていたようだな」

ガブリアス「それで何もかもを攻撃して…」

ガブリアス「…だがお前達が正気に戻してくれたのか」


ガブリアス「まさかお前達に救われる時が来るなんてな…」
【編集】 154 : 空の支配者 裂空斬◆vTbsXiThxQ 19/07/07 11:11:57 ID:0CPdJwC2 m 通報
コモルー「そうだよ」(便乗)しか言ってなくて草
【編集】 155 : うるさら7◆.cULSfQrEU 19/07/07 15:50:06 ID:UeQUZR3M [1/3] m 通報
ガブリアス「…今回は俺が落ちぶれたからこんなことになっちまった。お前達が居なかったらきっと大事になっていた」


ガブリアス「…決めた」

ガブリアス「俺はもう少し修業を積みにいく」

ジャランゴ「えっ…それって…」

ガブリアス「少しの間留守にするが宜しく頼む」


ビブラーバ「…嫌です」

ビブラーバ「嫌です!ガブリアスさんに教えられたからオイラもここまで強くなれたんです!」

オノンド「それにガブリアスさんは落ちぶれてなんかいません!」

コモルー「そうだよ」(便乗)


ガブリアス「…心配しないでくれ。直ぐに帰って来るからな」


ガブリアス「それとビブラーバ、これを」スッ

ビブラーバ「青いスカーフ…?」

ガブリアス「…まさかお前がここまで強くなるとは思ってなかった。それは俺からの成長の記念だ」

ビブラーバ「…ありがとうございます」


ガブリアス「……さてお前達、達者でな!」ザッ


ハクリュー「ガブリアスさん…」

ヌメイル「別れの時というものは悲しいですね…そういえば悲しいというと……」



(o'〜'o)「…さて、僕らはそろそろ宿屋に行くメラ」

スラグ「主人公って俺だよね?」
【編集】 156 : うるさら7◆.cULSfQrEU 19/07/07 16:00:41 ID:UeQUZR3M [2/3] m 通報
ー宿屋ー



スラグ「…で結局さっきの石持ってきちまった」

(o'〜'o)「それに僕らが触れたらやばいのに何で取り合えず拾うかなこの人は」

スラグ「だって何か狙われてるからやばいんでしょ?俺が責任持って拾っとかないと」


スラグ「…それにもしかしたら凄い宝で高く売れるかもしれないし」

サニーゴ「結局はそれが目的でち」

色ジラーチ「そういや話変えるけど今日は七夕だぞ俺を崇め
エモンガ「そろそろさっさと電気消すエモ」

(o'〜'o)「はいはい言われなくても分かってるメラ」

スラグ「何となく寝れない予感がするけどお休み」
【編集】 157 : うるさら7◆.cULSfQrEU 19/07/07 16:41:44 ID:UeQUZR3M [3/3] m 通報
ー深夜らしいよー



スラグ「いつも通り眠れないの…」

エモンガ「エモもエモ」

スラグ「世け」
エモンガ「お断りしとくエモ」


スラグ「…そういえばお前って本当に糞食って生きてるの?」

エモンガ「当然エモ」

スラグ「その理由は何故」

エモンガ「何か昔のエモンガは木のみや虫ポケモンばっか食ってたらしいけど栄養を余すことなく食ってたうんちがいつの間にか主食になったという話を母から聞いたことあるエモ」

スラグ「ワカンネ」

エモンガ「…まぁ木のみも美味いしあのウンチの木は格別エモ。だから絶対に取り返してやるエモ…!」

スラグ「うーん…まぁ、頑張れ」



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



???「…何?目的の《デスストーン》を譲っただと?それはどういうことだ?」

マジュツ「まぁ聞いてください、その者達は既に我々の探していた石を2つ持っていました。色を見る限り《マザーストーン》と《マッチョストーン》でしょう」


???「……だったら尚更だ。何故その者達を仕留めなかったんだ?それを手に入れれば我々の持っている《ヘドロストーン》で残り1つとなるというのに…」

マジュツ「フフフ…あの噂を流した目的をお忘れで?」

???「噂だと?」

マジュツ「恐らくあの者達は伝説の宝とでも思っているのでしょう。そしていずれ残り1つも手に入れます」


マジュツ「我々が動かなくともそこを……」


???「……フッ、そうだったな」
【編集】 158 : うるさら7◆.cULSfQrEU 19/07/07 17:18:27 ID:K/0HTlwM [1/2] m 通報
ー酔苦亜刺ー



スラグ「安定の寝不足」

(o'〜'o)「この次はヒロビロ森とかいう無駄にデカいけど真っ直ぐ進めば簡単に抜けれる森があるらしいメラ」

色ジラーチ「それならこの前の森みたいなことにならないな」

サニーゴ「あの時は散々だったでちね…」

エモンガ「いいからウンチの木探しに出発エモ!」


「ちょっと待って」


スラグ「あれ?お前って…」

ビブラーバ「オイラも連れていってほしいんだ」

(o'〜'o)「何でメラ?」


ビブラーバ「…オイラ、昨日からずっと考えてたんだ。憧れのガブリアスさんが居なくなったらどうやって強くなろうかって…」

ビブラーバ「それでオイラもガブリアスさんと同じように修業の旅に出れば後を追えるような気がして…」

ビブラーバ「勝手かもしれないけど……」


サニーゴ「えぇ…やめた方がいいでちよ」 

色ジラーチ「そうそう、考え直すなら今だぜ?」


スラグ「うーん、まぁ何匹居ても困らないし…ええわ」

ビブラーバ「ありがとう…!」

(o'〜'o)「【マジかよ】」



ビブラーバが手持ちに加わった!▼
【編集】 159 : うるさら7◆.cULSfQrEU 19/07/07 17:26:57 ID:K/0HTlwM [2/2] m 通報
オノンド「ビブラーバ!」


ビブラーバ「オノンド君!」

オノンド「お前も旅立つんだってな…今まで馬鹿にしてすまなかったな」

ビブラーバ「…」


オノンド「…強くなれよ!」

ビブラーバ「うん!」


スラグ「あのさぁ…だから主人公は
(o'〜'o)「よし、仲間も増えたことだしさっさと出発メラ!」



この先の展開あんまり考えてないけど多分続く
けつ
【編集】 160 : うるさら7◆.cULSfQrEU 19/07/09 05:30:40 ID:35QTBUYA [1/2] m 通報
ーヒロビロ森ー



ビブラーバ「よーし頑張るぞー!」

サニーゴ「なんか純粋な奴が加わってしまったでち」

色ジラーチ「かわいそう」

スラグ「おう何だお前らどういうことやねん」

エモンガ「そんなことよりまだエモ?もう随分奥まで来た気がするエモ」

(o'〜'o)「あ、あそこに都合よく休めそうなスペースがあるメラ。一旦休憩するメラ」
【編集】 161 : うるさら7◆.cULSfQrEU 19/07/09 06:01:21 ID:35QTBUYA [2/2] m 通報
スラグ「ふー……だいぶ歩くな…」

ビブラーバ「オイラはまだまだいけるよ!」

サニーゴ「若いもんは元気でいいでちねぇ」

色ジラーチ「赤ん坊が何ほざいてんだ」

スラグ「どうでもいいけど大人数だと文章ゴチャゴチャになるよね」

(o'〜'o)「あれ、これまた都合よく木の実もなっているメラ。あれはクラボのみメラね。見た目に反して辛い木の実メラ。あっちにはオレンのみが…」

スラグ「とにかく食えりゃ何でもいいから」








「来ました。久しぶりのトレーナーらしき人間ですぞ!」

「…うーん、何だか頼りなさそうね」

「でもこの際贅沢は言ってられませんわ」
【編集】 162 : うるさら7◆.cULSfQrEU 19/07/09 22:10:38 ID:bddCax7w [1/3] m 通報
スラグ「よーし腹も一応膨れたしいつも通り全員ボールに幽閉したし出発」

(o'〜'o)「はいはい」






(o'〜'o)「結構歩いたメラ」

スラグ「……あれ?何かここら一帯だけ木無くね?」

(o'〜'o)「確かに不自然な気はするけど別に気にするこたぁないメラ」

スラグ「何かに荒らされたとか…?」

(o'〜'o)「んなこと言ってないで進むなら進めメラ。こんなに奥まで来たんだしもうすぐこの森は抜けれる筈メラ」

スラグ「まぁとりあえず今回も何事も無く着きそうだな」
【編集】 163 : うるさら7◆.cULSfQrEU 19/07/09 22:23:24 ID:bddCax7w [2/3] m 通報
スラグ「……」スタスタ

(o'〜'o)「……」ヌルヌル


スラグ「…いくら歩いても着かないじゃねぇか」

(o'〜'o)「んなこと僕に言われても困るメラ」

スラグ「いや、あのね、だってさ、さっきから何か霧出てきたしはっきり前見えないしそんな中で一生懸命歩いてるのに…もう着いていいだろ」

(o'〜'o)「だから僕も同じメラ」

スラグ「本当に真っ直ぐで合ってるの。。。?」





スラグ「……あれ、あそこは…ようやく出口?」

(o'〜'o)「…いや、何かの建物っぽいメラ」
【編集】 164 : うるさら7◆.cULSfQrEU 19/07/09 22:46:47 ID:bddCax7w [3/3] m 通報
ー何かの建物前ー



(o'〜'o)「よく見ると屋敷っぽいメラ。これがあるだけメラね」

スラグ「……え、ここまで歩いてきて行き止まり?この屋敷があるだけ?」

(o'〜'o)「シーラネ」

スラグ「何でや…(T^T)うぅ…」


ゴロ…ゴロゴロ……


スラグ「へ」


ザアアアアアァ……


スラグ「うわ、何かタイミングを見計られたように雨降ってきた」

(o'〜'o)「別に僕は困らんメラ」

スラグ「……あの屋敷って人住んでるかな?」

(o'〜'o)「見た感じ住んでなさそうメラよ」


スラグ「ごめんくださーい」ガチャ


スラグ「…開いた」

(o'〜'o)「勝手に入っていいメラ?」

スラグ「誰も住んでなさそうならいいだろ。住んでたら住んでたで雨降ってきたから避難させとくれとか言えばいいんだし」

(o'〜'o)「なんて能天気な」


(o'〜'o)(…それにしてもさっきの霧といいたった今降ってきた雨といい何だかここまで誘導されてる気がするメラ…でもきっと考えすぎメラね)
【編集】 165 : うるさら7◆.cULSfQrEU 19/07/12 05:37:02 ID:ea9C3vTM [1/3] m 通報
ー何かの洋館ー



(o'〜'o)「うわすごい埃だらけメラ」

スラグ「これなら外のがマシだったか…?」


バタンッ


(o'〜'o)「…?扉が勝手に閉まったメラ…」

スラグ「何驚いてんだ、勝手に風で閉まったんだろ」ガチャ


スラグ「…あれ」ガチャ

スラグ「…あれあれ」ガチャガチャ


スラグ「…開かない」

(o'〜'o)「え、ということは…閉じ込められて…」

スラグ「だと思います」
【編集】 166 : うるさら7◆.cULSfQrEU 19/07/12 05:47:42 ID:ea9C3vTM [2/3] m 通報
スラグ「いやさー、どっかのホラーゲームにこんな始まり方あったよね」

(o'〜'o)「は?冗談じゃねぇよ、ここで一生終えたらあの世でも怨むからな」

スラグ「ごめんなさい」


ボウッ


スラグ「あれは……人魂?もしかして…」

(o'〜'o)「…いや、ポケモンみたいメラ」
【編集】 167 : うるさら7◆.cULSfQrEU 19/07/12 06:02:21 ID:ea9C3vTM [3/3] m 通報
ボウッ


スラグ「え、もう一つ出てきた」

(o'〜'o)「どうやらあのポケモン達はボクレーという奴みたいメラ」


ボクレーA「貴方達のような方々をお出迎えしろと命令されました〜」

ボクレーB「た〜」 


スラグ「え、お出迎え?」

(o'〜'o)「ということはやっぱりここに誘導したメラね…目的は何メラ?」

スラグ「んなこと気付いてたの?」


ボクレーA「分かりません〜これも全てお嬢様の命令なのです〜」

ボクレーB「す〜」


スラグ「お嬢様…?」

(o'〜'o)「……うーん、何かよく分からないけど訳ありみたいメラ」


ボクレーA「さて、こちらにどうぞ〜」

ボクレーB「ぞ〜」


スラグ「…どうする?」

(o'〜'o)「どうするも何も閉じ込められたんだし着いていくしかないメラ」
【編集】 168 : うるさら7◆.cULSfQrEU 19/08/01 20:51:36 ID:7bZmlKKk m 通報
ーなんかのおへやー



ボクレーA「到着で〜す」

ボクレーB「で〜す」

スラグ「おい部屋案内するのにどんだけ時間かけとんねん」

(o'〜'o)「それよりどうしてこんな薄暗い部屋に僕達を?」

ボクレーA「ですから命令されただけです〜」

ボクレーB「す〜」

(o'〜'o)「…うーん、どうやら本当に解らないみたいメラ」

スラグ「無責任!軽はずみ!理由も無く人を幽閉するな!HA☆NA☆SE!」ブーブー

「ようこそいらっしゃいました」ヌッ

スラグ「ぎゃああああああああ」

(o'〜'o)「今度は誰メラ!?」

「じい、あまりお客様を驚かせてはいけません」

「…おっとこれは失礼」

スラグ「……?」


ドレディア「申し遅れました、わたくしドレディアと言いますわ」

オーロット「私はオーロットと申します」


(o'〜'o)「えーっと…あのポケモン達はドレディアとオーロットメラね」

スラグ「たった今本人達が名乗ってましたが」
【編集】 169 : うるさら7◆.cULSfQrEU 19/08/02 10:11:59 ID:VHAHvy0Y [1/2] m 通報
オーロット「勝手ながらあなた方をこのゾロアークのあまごいや幻影を見せる力で誘導させて頂きました」

ゾロアーク「でかいけつ」ホウレンソウマン

(o'〜'o)「やっぱりそんな感じだったメラね…じゃあ理由は何メラ?」

スラグ「えっ何か気付いてたのお前」

ドレディア「…それでは早速本題に入らせて頂きます。貴方達をここに連れて来た理由、それは…」

スラグ「…」

(o'〜'o)「……」

ドレディア「………」

ドレディア「…何でしたっけ」

オーロット「…私が説明致します」
【編集】 170 : うるさら7◆.cULSfQrEU 19/08/02 10:58:27 ID:VHAHvy0Y [2/2] m 通報
オーロット「…このヒロビロ森は木々が沢山あり、ポケモン達にとっても豊かな場所なのです」

オーロット「しかし、最近急激にその森の木々が減っているという事に気付きました」

オーロット「この森に住んでいる何かを目撃したというポケモン達に話を聞くと皆口を揃えてこう言うのです」

オーロット「《大きな黒い体、その大きい体の殆どを口で占めている巨大な怪物》がこの森の木々や地面を削り取り、喰らっている…と」

ドレディア「このままではわたくし達の居場所が無くなってしまいますわ」

オーロット「…そこであの化け物をどうにかする為にポケモンを沢山連れているトレーナーをお待ちしておりました」

スラグ「どうにかするって何だよ」

(o'〜'o)「でも僕達はここまで来るもなかそんな怪物見当たらなかったメラよ」

オーロット「不思議な事にその怪物は大きい体の上に煙の様に消えると言われています」

スラグ「うん、まぁ、でも、何にせよ俺達では力になれないので他を当たってください」

ドレディア「あら残念、お礼も沢山しようと考えていたのに…」

スラグ「やります」

オーロット(なんてチョロい)

(o'〜'o)(こういう奴メラ)
【編集】 171 : うるさら7◆.cULSfQrEU 19/08/08 01:33:45 ID:f/gH37CU [1/2] m 通報
ーヒロビロ森 屋敷前ー



(o'〜'o)「…で具体的に何すりゃいいメラ?」

ドレディア「簡単な事ですわ。貴方達には…」

ドレディア「…えーっと」

オーロット「この森のパトロールをして頂きたいのです」

ドレディア「うん、そう!それそれ!」

スラグ「…」

(o'〜'o)「何だか面倒だけど多分適当にやりゃ終わるメラね」
【編集】 172 : うるさら7◆.cULSfQrEU 19/08/08 02:14:52 ID:f/gH37CU [2/2] m 通報
スラグ「よし、ちゃちゃっとやって、終わり!」スタスタ

(o'〜'o)「じゃ行ってくるメラ」

オーロット「くれぐれもお気を付けください」


オーロット「…さてお嬢様、屋敷へ…」

オーロット「…あれ」



________________________________________________




スラグ「歩き疲れたしぬ、もう動けない」

(o'〜'o)「あのさぁ…」

スラグ「大体何でこんな面倒なの引き受けたの?」

(o'〜'o)「お前の記憶力はサイホーンかよ」

スラグ「まぁとっとと終わらそ」

(o'〜'o)「引き受けちゃったものメラ」

ドレディア「そうするしかないですわ」


スラグ「…ん?一人多くね」

(o'〜'o)「?何言ってるメラ?」

ドレディア「そうそう」

スラグ「ま、気のせいか、進も進も」
【編集】 173 : うるさら7◆.cULSfQrEU 19/08/18 05:19:42 ID:yh/Yv/T6 [1/3] m 通報
(o'〜'o)「こ↑こ↓も木のみ沢山成ってるメラね」

スラグ「よし食おうぜ」

(o'〜'o)「さっき腹膨れたとか言ってただろ」



スラグ「これ何て木のみ?」クチャクチャ

(o'〜'o)「ズリのみ」ヌチャヌチャ

ドレディア「流石この森で採れただけあって美味しいわ」ニチャニチャ

(o'〜'o)「おう、歯ごたえもあって見た目からは想像も出来ない渋みがあり、ほのかに辛みもあって噛めば噛むほど癖になる、それはまるでスルメの様な…」

スラグ「歯無いだろ」
【編集】 174 : うるさら7◆.cULSfQrEU 19/08/18 05:30:14 ID:yh/Yv/T6 [2/3] m 通報
スラグ「…それよりさ」クチャクチャ

(o'〜'o)「うん」ヌチャヌチャ

スラグ「やっぱり一人多いよね」クチャクッチャ

(o'〜'o)「僕もそんな気がしてたメラ」ヌチャヌッチャ

ドレディア「あら、今頃気付いて?」ニチャニッチャ

スラグ「…何でいんの?」クチャクチャ

ドレディア「暇だから」ニチャニチャ

(o'〜'o)「それは仕方ないメラね」ヌチャヌチャ
【編集】 175 : うるさら7◆.cULSfQrEU 19/08/18 05:48:38 ID:yh/Yv/T6 [3/3] m 通報
しょくご


スラグ「さて…面倒だけどとっとと終わらすとするか」

(o'〜'o)「取り合えずパトロールとか言われたからここら辺テキトーに歩いてりゃいいメラね」

ドレディア「フフフ…甘いですわ」

(o'〜'o)「え」

ドレディア「噂の怪物は森の木々を食らう怪物、恐らくここら辺を歩いてるより木がより多い場所で待ち伏せしてる方が遭遇する確率が高い…と思う、多分」

スラグ「意外と冴えてるなお前」

(o'〜'o)「でもそんな場所あるメラ?」

ドレディア「この森に生息するポケモン達が水を飲みに来る《ヨコハバ川》という川の近くはまさにジャングルですの」

スラグ「…で、何処らにあんの?」

ドレディア「この森はわたくしの庭の様なもの、案内する位朝飯前よ」

スラグ「おぉ頼りになるなぁ」

(o'〜'o)「…」

ドレディア「まずはここを取り合えず右に曲がって、その次は左…」



_________________________________________________________


にふんご


ドレディア「やっべ迷った」

スラグ「しね」

(o'〜'o)「何となく嫌な予感はしたメラ」
【編集】 176 : おかき◆Okaki4B8qI 19/08/18 06:01:26 ID:wkhqy2Gs 通報
おはようござい舞う

こんな朝早くからご苦労様です

(末尾に「#任意の文字列」でトリップが付けられます。)
(パスワード:レス編集時に使用)

【IDを発行(または認証)】


色を付ける⇒>文章 -文章  >を挿入
色を付ける⇒*文章 +文章  *を挿入
0/300
  

書き込み前に、利用規約を確認して下さい。
レス番のリンクをクリックで返信が出来ます。
その他にも色々な機能があるので詳しくは、掲示板の機能を確認して下さい。
荒らしや煽りはスルーして下さい。

文字サイズ設定・投稿設定・NG設定▼(クリックで開閉。動作にはJavaScriptを有効にして下さい。)
    文字サイズ

    自分の投稿を分かりやすくする
    投稿フォームの「履歴ページに記録する」にチェック時、この設定が有効の場合に、投稿した書き込みの名前が黄色く表示されます。(動作には要履歴ID発行
    現在の設定は「有効」です。
      

    NG設定
    各NG設定は、履歴IDを発行することで、PCとiPhoneなど複数端末で共有化することが出来ます。

    ・連鎖NG設定
    NG機能で見えなくなったレスにアンカーが向けられていた場合、そのレスも連鎖して見えなくなります。
    現在の設定は「」です。
      

    ・NGワード設定
    入力した単語を含むレスが見えなくなります。(改行区切りで入力後、「設定する」ボタンをクリック)
    NGされたレス内容は「元レス」をクリックすると確認できます。

    ・NG名前・NGID一括削除(下のボタンをクリックした時点で削除されます。)


    【特殊な指定方法】

    ・「_(アンダーバー)」はAND条件。
    ・[]で文字を囲むと、その中のいずれか1文字と一致。
    ・[]で囲んだ文字を | で区切ると、それぞれをOR条件として動作。
    詳しくは、NGの設定方法を参照。



(連投制限などに引っかかった時用)

スポンサーリンク